ハドラス、総額約8.5億円を資金調達

投稿日: 2022-05-28

抗ウイルス・抗菌や防カビ、防汚、防錆、防傷などの機能をさまざまな対象物に付加する新素材「ナノマテリアルコート」の研究開発を行うハドラスホールディングス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:山本英明、以下ハドラス)は、第三者割当増資による総額約8.5億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。

今回の資金調達において、メディカルやバイオ分野などサイエンス領域に強いリアルテックホールディングス株式会社のリアルテックファンド3号投資事業有限責任組合、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、株式会社ティーガイア、太平洋工業株式会社、世界展開に向け本年3月に事業提携している武蔵塗料ホールディングス株式会社、株式会社識学の識学2号投資事業有限責任組合、ちばぎんキャピタル株式会社のひまわりG5投資事業有限責任組合、リーダーズ1号投資事業有限責任組合などから第三者割当増資による総額約8.5億円の資金調達を実施したことを発表いたします。

■技術の概要
ハドラスのナノテクノロジーに特化した機能性薄膜は、10種類以上の原材料の比率を精密にコントロール、分散、配合することで生み出されたナノマテリアルコートです。塗布対象物へコーティングすることで超薄膜を形成します。このナノマテリアルコートは空気中の水分と速やかに反応し、塗布対象物の表面を膜厚1um以下の薄膜で覆います。この膜厚は非常に薄く塗布対象物の重量や外観、触感をほとんど変えません。ナノマテリアルコートは一般的な塗料などと違い、1液型で室温硬化します。この超薄膜は抗ウイルス機能など、さまざまな機能を付与することが可能で最大5年間保持します。

■資金調達の目的と使途
ハドラスは、これまで各種実証実験や研究基盤の強化に努め、脱炭素社会へ向けた新素材ナノマテリアルコートの研究開発に注力してまいりました。今回調達した資金は、主として研究開発を加速させるための専門人材の確保および設備投資、事業の更なる拡大に向けた営業人材の採用、ブランディング強化のためのマーケティング費用に充当する予定です。

■引受先一覧
リアルテックファンド3号投資事業有限責任組合
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
株式会社ティーガイア
太平洋工業株式会社
武蔵塗料ホールディングス株式会社
識学2号投資事業有限責任組合
ひまわりG5投資事業有限責任組合
リーダーズ1号投資事業有限責任組合 他

■ハドラスホールディングス株式会社について
当社は、ナノテクノロジーに特化した機能性薄膜で新たな市場を創造するとともに、脱炭素社会の実現へ貢献する企業です。
EVバッテリーではバッテリーの導電性向上やMHzからGHz帯までの電磁波遮蔽などを可能とし、航空機の騒音抑制や燃費向上、風力発電ブレードでは発電効率向上など、これまでの技術ではなし得なかったコーティング剤の開発に挑戦しています。その他にもコロナ禍において感染対策で利用されている抗ウイルスコーティング剤「Dr.ハドラスシリーズ」があります。抗ウイルスに関してエビデンスを取得していることはもちろんのこと、第三者機関でも効果を確認しておりSIAA認証を取得しています。
都立産業技術研究センターや早稲田大学、東北大学などと産学連携で研究開発、自社工場(千葉県松戸市松飛台工業団地内)にて製造、販売までをワンストップで行っています。
また海外についてはヨーロッパ、中東、アジアの複数の現地販売代理店を通じて展開中です。
※ナノマテリアルコート:ナノサイズの原材料を配合した超薄膜コーティング剤