新型コロナウイルス デルタ株を不活性化!ハドラスの「Hシールド技術」

投稿日: 2021-10-15

接触感染予防対策に。新テクノロジーを公開!!

ハドラスホールディングス株式会社は、ナノレベルのガラス皮膜に抗ウイルス・抗菌成分を定着させる独自のテクノロジー「Hシールド技術」について、コロナウイルス変異株の一つである「デルタ株」に対して評価試験を行なったところ、99.9%以上のウイルスが不活性化したことを確認しました。

【抗ウイルス試験 評価概要】

※日本繊維製品品質技術センター 神戸試験センターにて実施。

(1) 評価試験方法:ISO21702

[Measurement of antiviral activity on plastics and other non-porous surfaces]

(「プラスチック及びその他の非多孔質表面の抗ウイルス活性の測定」準用)

「Hシールド技術」を搭載したコーティング剤を塗布したアクリル試験片に、SARS-CoV-2液を滴下しました。その上にフィルムを被せて密着させ、25℃で24時間静置。その後、試験片から新型コロナウイルスを洗い出し、そのウイルス感染価を測定することで不活化効果を確認しました。

(2)評価試験結果

99.9%以上のデルタ株に不活性化が認められました。

※本試験で使用の新型コロナウイルス株:SARS-CoV-2 JPN/TY/WK-521(国立感染症研究所より分与)

※本試験で使用の細胞:VeroE6/TMPRSS2 JCRB1819

※本試験で使用のSARS-CoV-2液:0.4mLのウイルス液(濃度:107PFU/ml)

※なお、本実証は、試験室での評価であり、当社の抗ウイルスコーティング剤を用いた実使用環境での効果を示すものではありません。また、新型コロナウイルス感染症予防に対する有効性を確認するものではありません。

「H シールド技術」の抗ウイルス性能試験(ISO21702に準拠)は、人が触れる面に付着したウイルスに対する性能試験であり実際の生活環境に近い環境下での試験となります。

新型コロナウイルスを始め、様々なウイルス、菌に対して効果を発揮する「Hシールド技術」は、国際標準規格ISOに準じて試験・評価され、また第三者機関SIAAの基準もクリアしています。

「Hシールド技術」は、弊社が産学連携体制で研究、誕生したハドラス独自の新技術です。 抗ウイルス・抗菌対策が必要とされる多種多様な産業分野に本技術を提供していくことで、安心・安全で健やかに過ごせる社会の実現に貢献してまいります。